国内仕上げ・1年間の保証付き。トラック用メッキホイール

DOT-X 大型トラック ダンプ用 メッキホイール 22.5×7.50 10穴 新従 ISO規格 フロント用 中国製

販売価格
43,000円(税抜)
購入数
型番 dotmk028
送料(沖縄・離島除く)1,000円+税
※沖縄は5,000円+税
※注文数が多い場合は、お届けに多少お時間を要する場合がございますので、ご了承ください
お届け先名のご注意

※個人様の場合はご注文の前にお電話かメールにてご相談ください

業者便での発送のため、お届け先が個人名のみの住所への発送はお承りできません。
お名前と併せて必ず法人名・屋号・事業者名のいずれかをお知らせください。

特定商取引法に基づく表記(返品等)
43,000円(税抜)
カートに移動
弊社が中国の鉄ホイール会社と共同で製造・販売しているDOT-Xメッキホイール。
高品質な鉄ホイールを世界各国に輸出している
中国大手の鉄ホイール会社にて製造し、弊社が開発段階から監修しています。
特にメッキホイールはその高品質な鉄ホイールをベースとして使用し、
さらにメッキ加工を専門とする工場でこだわりのメッキ加工を施しています。
完成した製品は1枚1枚現地工場で検品を行い、
厳しいチェックをクリアした良品のみを日本へと輸出しています。

また日本へ入荷後も再度検品を行い、ワックスで仕上げ磨きを行い、
頑丈に梱包してからお客様の元へとお届けしております。
正直、時間も手間もかかる作業ですが、
お客様へより良い商品をお届けするために丁寧に製品管理を行っております。

※PL保険加入済みで万一の時にでも安心です。
※メッキホイールには1年間の製品保証が付いています。





ホイール詳細 【サイズ】22.5×7.50 フロント用
【ボルト穴数】 10穴
【ボルト穴直径】 26.0mm
【飾り穴数】10
【ナット座形状】新従ISO平面座
【P.C.D】335mm
【オフセット】162mm
【ディスク板厚】14mm

参考タイヤサイズ【11R22.5】【275/80R22.5】【275/70R22.5】
確実に適合するかはディーラー等で必ずご確認ください。

この新従ISOホイールは、規格が従来ISO、外観は飾り穴10個の新ISOに近いものになっています。
バルブ位置が従来ISO規格になっているため、一部ディスクブレーキ車両に合わない場合がありますのでご注意ください。
荷物を積んだ際の総重量が20t以上になる場合は、こちらの新従ISOホイールをお使いいただくことをお勧めいたします。


錆汁止め加工について
フロント用のメッキホイールは接合部の狭い隙間までもれなくメッキを施すため、
リム部とディスク部を別々にメッキ処理した後、裏側からリムとディスクを溶接します。
この作業工程によりフロント用のメッキホイールは表面のリムとディスクの接合部に隙間が生じ、
そこに水か侵入することでホイールが腐食し、メッキ剥がれやエアー漏れなどという
トラブルの発生の原因になってしまう場合があります。
(リア用はリムとディスクを溶接後メッキを施すため問題ありません。)

DOT-X フロント用メッキホイールは、この問題を解決するため
リムとディスクの接合部に、特殊な溶液を特殊な方法で流し込み接合部を加工します。
この錆汁止め加工は日本で行っております。費用はかかりません。

※錆汁の発生リスクは減少しますが、見た目に若干の違いがでます。


注意事項

メッキホイールの製造工程に手作業が含まれているため、必ずすべて同じ品質で完成できるとは限りません。
検品にて最大限の確認は行っておりますが、開封後もしホイールに不具合があった場合には速やかにご連絡ください。
また、装着後のホイールに発生した錆などのクレームは受け付けておりませんので、予めご了承ください。

  • 装着する車両にホイールが適合する事を必ず確認して下さい。
  • アルミホイールとの混用は絶対にしないでください。走行中にホイールが損傷する恐れがあります。
  • ホイールの日常点検、定期点検(3ヶ月、12ヶ月)は必ず行ってください。
  • メッキホイール装着時のナットの締め付けは必ず手締め又はトルクレンチを使用してください。インパクトレンチを使用するとナット穴周辺のメッキの割れや剥げの原因となります。
  • 走行後は必ず増す締めを行ってください。
  • 過積載や片荷はホイールを損傷する原因となるほかに、ボルトの損傷により車輪が脱輪するなどの事故へとつながる原因となりますので、過積載や片荷はしないでください。
  • 融雪剤や塩分、土などを付着したままにすると腐食し錆などの原因となりますので、よく水洗い乾燥させた後、水分を避けるためにワックスを掛けて下さい。
  • 走行中に異常な振動や音を感じたら、速やかに安全な場所へ停止し、ホイールナットの緩みやホイールの亀裂、損傷、変形及びタイヤを点検し、必要な措置を取ってください。